【Canva 使い方】モックアップを簡単に作れる「スマートモックアップ」について解説!

  • 2022年9月20日
  • 2022年9月22日
  • Canva
タケノコ
タケノコ
はぁ…
Canvaで作ったデザインを、物にして見る事ができればなぁ…
合うかどうか全然イメージが湧かなくてさ…

 

それなら、Canvaの「スマートモックアップ」を使うと良いよ!
キノピー
キノピー

 

タケノコ
タケノコ
スマートモックアップ?

 

これを使うと、作ったデザインがイメージしやすい形になってくれるんだよ!
って事で、「スマートモックアップ」の使い方を教えてあげるね!
キノピー
キノピー

オリジナルのデザインで~~~を作ってみたいけど、この作成したデザインは合うかなぁ?

とか

デザインが完成したから紹介したいんだけど、これを実際に物として見る事ができたら、イメージがもっと湧きやすくなるんだけどなぁ。

みたいな感じの事ってありませんか?

当然ですが、ただ紙に印刷した画像より「」に印刷して見る事ができたらイメージしやすいですよね。

これを簡単に解決してくれるのが、Canvaの「スマートモックアップ」です!

スマートモックアップを使うとどんな感じになるのかと言うと、

スライドできますモックアップのサンプル

こんな感じになります。

では、スマートモックアップについて解説していきます。

 

\\ Pro版無料トライアルはこちら //

 

スマートモックアップの種類

スマートモックアップの種類は、全部で7種類あります。
※2022年9月時点

さらに、各種類イメージ画像の数も多いので、合わせたい感じのモックアップが見つかりやすいかなと思います。

と言う事で、まずはスマートモックアップの種類を紹介していきます。

スマートフォン

スマートフォン

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

スマホモックアップ

クリックで拡大

スマホの待ち受けとして表示されます。
※元デザインサイズ1080×1920px

コンピューター

コンピューター

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

コンピューターのモックアップには、「デスクトップ型パソコン」と「ノートパソコン」のイメージ画像があります。

サンプル画像は、デスクトップ型パソコンでモックアップしてみました。

コンピューターモックアップ

クリックで拡大

ゲーマーのパソコンのようです!
※元デザインサイズ1920×1080px

カード

カード

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

カードのモックアップには、「Business card」と「Greeting card」があります。

Business cardは名刺、
Greeting cardはクリスマスや誕生日や新年などに送る挨拶状です。

サンプル画像は、Greeting cardでモックアップしてみました。

カードのモックアップ

クリックで拡大

クリスマスパーティーに招待されちゃいました!
※元デザインサイズ7×5in

フレームとポスター

フレームとポスター

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

フレームとポスターには、「Frame」と「Canvas」と「Poster」があります。

Frameは額縁、Canvasは絵を描くための布、Posterは張り紙です。

サンプル画像は、Canvasでモックアップしてみました。

canvasモックアップ

クリックで拡大

キノピーがとても邪魔ですね!
※元デザインサイズ16×20in

本

クリックで拡大

本のイメージ画像は、今の所これだけです。

では、モックアップしてみます。

本モックアップ

クリックで拡大

猫に生まれ変わったようです!
※元デザインサイズ1410×2250px

衣料品

衣料品

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

衣料品には、「T-shirt」と「Sweatshirt」と「Hoodie」があります。

T-shirtはTシャツ、Sweatshirtはスウェット、Hoodieはパーカーです。

サンプル画像は、Sweatshirtでモックアップしてみました。

衣料品モックアップ

クリックで拡大

万年リーグ最下位のチームです!
※元デザインサイズ210×297mm

マグカップ

マグカップ

クリックで拡大
※他にもイメージ画像はあります

マグカップには、「Mug」と「Enamel mug」があります。

Mugは普通のマグカップ、Enamel mugはホーローマグカップです。

サンプル画像は、Enamel mugでモックアップしてみました。

マグカップモックアップ

クリックで拡大

熊と仲良くキャンプしてます!
※元デザインサイズ1920×1080px

モックアップの作り方

どんな種類があるのか、またそれぞれどんな感じになるのかが分かったと思うので、次は「スマートモックアップ」の使い方を解説していきます。

画像を用意

すでに画像を持っているのであれば、準備OKです!
次のステップに行きましょう!

そうではなく、モックアップしたいデザインをCanvaで作ったのであれば、そのデザインをダウンロードして画像にしてください

なぜなら、複数の素材をまとめてモックアップする事ができないからです。
なので、2つ以上の素材を使ったデザインは、一度ダウンロードして画像にする必要があります。

もし、素材を単体でモックアップするのであれば、ダウンロードをしなくてもそのままモックアップする事ができます。
※ただし、画像扱いとなる素材のみ

デザインのサイズを決めよう

デザイン選択

クリックで拡大

デザインのサイズを決めましょう!

画面右上の「デザインを作成」から自分が作りたいデザインサイズを選択、またはサイズを入力してください。

画像をアップロードし表示する

用意した画像をCanvaにアップロードしましょう。

アップロード

クリックで拡大

左サイドバーにある「アップロード」を押すと、この画面になるので「ファイルをアップロード」を押してフォルダから画像を選択します。

もしくは、

フォルダから画像を直接ドラッグしてアップロードする事もできます。
※こっちの方が楽です!

そして、アップロードした画像をクリックすると、ページに表示されます。
※ページに直接ドラッグした場合は、ページに画像がすぐ表示されます

スマートモックアップを選択

選択1

クリックで拡大

表示した画像を選択すると、上部ツールバーに「画像を編集」が出てくるので、それを選択してください。

そうすると、左側に編集の一覧が出てくるので、「スマートモックアップ」の「すべて表示」を選択しましょう。

もし、スマートモックアップが編集一覧の上の方に無い場合は、下にスクロールしてください。
必ずどこかにあります!

で、すべて表示を押すと、

選択2

クリックで拡大

このように、スマートモックアップの一覧が表示されます!

下にスクロールしていくと、最初に紹介したモックアップの種類がいろいろと出てくるので、その中から好きなモックアップを選んでください。

調整して完成

調整1

クリックで拡大

調整は画像の位置や大きさなどが調整できますが、そのような調整が必要ない場合は「適用」を押して完成です。

調整する場合は「調整ボタン」を押し、いろいろと調整してから「適用」を押してください。

調整2

クリックで拡大

調整ボタンを押すと、モックアップの一覧が調整画面へと切り替わります。

今回のモックアップ画像は、「切り抜き」と「オブジェクトの色」がありますが、「オブジェクトの色」の調整が無いモックアップもあります。

「切り抜き」は、セレクトボックスを押すと現在表示されている「フィル」の他に、「フィット」と「カスタム」が選べるようになります。

って事で、調整の種類を一つずつ説明します。

フィル

フィル

クリックで拡大

フィルは、デザイン画像をモックアップ部分全体に貼り付けるため拡大して反映されます

なので、デザイン画像のサイズによっては、モックアップ部分からデザインが大きくはみ出してしまう事もあります。

フィルはデフォルトとして設定されているので、モックアップを選んだら自動で「フィル」の状態になります。

フィット

フィット

クリックで拡大

フィットは、デザイン画像がモックアップ部分に収まりきるように反映されます

つまり、デザイン画像が拡大される事がないので、フィルのようにデザインがモックアップ部分からはみ出る事がありません。

ただ、フィルの画像と見比べると分かると思いますが、フィットの方はTシャツに余白がありますよね。

こんな感じで、デザイン画像のサイズによっては、余白が多くなる事があります。

カスタム

カスタム

クリックで拡大

カスタムは、デザイン画像の上下左右の位置・大きさを自由に調整できます

調整には「水平位置」・「垂直位置」・「サイズ」があり、どれも調整つまみをスライドまたは数値を直接入力して調整します。

  • 水平位置は、横の設定です。
    50を中心として、数値が大きくなれば右へ、数値が小さくなれば左へ移動します。
  • 垂直位置は、縦の設定です。
    50を中心として、数値が大きくなれば下へ、数値が小さくなれば上へ移動します。
  • サイズは、デザイン画像の大きさの設定です。
    数値が大きくなれば画像サイズが大きくなり、数値が小さくなれば画像サイズが小さくなります。

カスタムは細かく調整できるので、フィルやフィットで良い感じにならなかったらカスタムで調整すると良いかもしれません。

オブジェクトの色

オブジェクトの色

クリックで拡大

オブジェクトの色は、デザイン画像が反映される物の色を変更できます

上の画像で言えば、Tシャツの色です。

ただ、モックアップによってはオブジェクトの色の設定が無い場合もあります。

オブジェクトの色無し

クリックで拡大

例えば、スマートフォンのモックアップですが、これにはオブジェクトの色の設定がありません。

完成した画像を組み合わせてみた

モックアップ組み合わせ

クリックで拡大

子供服を紹介するチラシみたいな感じで作成してみました!

このように、モックアップした画像を何枚か使って作成したり、他の素材と組み合わせて使う事もできます。

 

タケノコ
タケノコ
それは良いんだけどさ…
子供の服なのに、どうして大人が着てるの…

 

・・・
まぁ、細かい事は気にしない気にしない!
キノピー
キノピー

まとめ

Canvaの「スマートモックアップ」には、モックアップの種類がいくつかあり、また各種類イメージ画像の数も多いので、合わせたい感じのモックアップが見つかりやすいです。

また、モックアップに貼り付けたデザイン画像の位置や大きさも調整できるので、自分のイメージに近い形で作る事ができます。

使い方によっては、いろんな使い道がありそうですね!

このように、Canvaのスマートモックアップ機能は、とても便利で使い勝手が良いので、良かったら使ってみてください!

 

\\ Pro版無料トライアルはこちら //

 

タケノコ
タケノコ
スマートモックアップ機能って楽しそうだね!
自分の作ったデザインを、いろんな物に好きなように反映できるなんてさ!

 

そうなのさ!
調整とかも簡単にできるから使い勝手が良くて!
キノピー
キノピー

 

タケノコ
タケノコ
服のデザインとかも良いけど、マグカップのデザインも作るの楽しそうだな!
教えてくれてありがとう!
じゃぁバイバーイ!

 

なんかそのうち、タケノコちゃんが作ったデザイン集とか見せられそう…
それじゃっ、またねー!
キノピー
キノピー

 

 

最新情報をチェックしよう!