【PUBGモバイル】始めたばかりの初心者がドン勝するために意識するたった5つの立ち回り方

  • 2020年11月16日
  • 2021年9月30日
  • アプリ
タケノコ
タケノコ
キノコ君のやってるPUBGモバイル私もやってみたーい!!

 

いいねー!やってやって!
立ち回りを意識すれば、始めたばかりでもドン勝できる確率上がるから
タケノコちゃんもそれを意識してみて!
キノコ
キノコ

 

タケノコ
タケノコ
なるほど!
少しでもドン勝できる確率が上がるなら、そういうの教えてくれると嬉しいな!!

 

OK!
じゃぁ初心者用に5つの立ち回り方を説明するね!
キノコ
キノコ

 

降下時は激戦区を避ける

ある程度物資を集めたら安全地帯を確認して、イモる

音を常に聞くようにする

遠距離攻撃は絶対にしない

終盤は安全地帯のギリギリの場所を取り、むやみに攻撃はせず戦況を把握する

初めに言っておきますが、これはあくまでも始めたばかりの初心者がドン勝するためだけの立ち回り方です。
もちろん初心者やベテラン関係なく、やった方が良い立ち回り方も含まれていますが、全体を通して初心者さん用ということです。

今やバトルロイヤルゲームはかなり人気になりましたよね。

上手い人はめちゃくちゃ上手いです。
敵の発見が早かったり、エイム(敵に照準を合わせること)が正確でヘッドショット率が高いなど、猛者がわんさかいます。

じゃぁ、今から始めてもドン勝は絶対にとれないのかって言われると、そうではないです。
立ち回りをしっかりするだけで、ドン勝にかなり近づけます。
だからと言って、毎回ドン勝できるわけではないですよ(笑)。

5つの立ち回り方を意識すればドン勝に近づけるので、やりながらPUBGモバイルに慣れていってください。

その前に、大前提ですが勝利条件をしっかりと理解してください。

バトロワは、敵を多く倒すことが目的ではありません。
最後の1人、もしくは最後の1パーティーになるまで「生き残る」事が勝利条件です。

それを忘れてはいけません。
どんなにたくさんの敵を倒していても、最後に負ければドン勝は取れないのです。

ドン勝を取るということは、最後まで生き残るということです。

ドン勝

 

5つの立ち回り方

バトロワで最重要となるものは「立ち回り」です。

エイムやリコイル(銃の反動のこと)制御のテクニックが一番大事に思うかもしれません。
たしかにそのテクニックが上手な人はキル(敵を倒すこと)が取れるし、勝つ確率も高くなります。

ですが、上手な人たちはそのテクニックだけで勝ち続けているわけではないのです。
むしろ、上手な人ほど当たり前のように「立ち回り」をしっかりとしているんです。
それに加え、テクニックもあるので勝つ確率がグーンっと上がるんですね。

「立ち回り」はいろいろありますが、今回は始めたばかりの初心者の方がドン勝するため用に5つに絞ります。

降下時は激戦区を避ける

まずここで生きるか死ぬかに分かれます。

激戦区」と言われている場所が各ステージに何ヵ所かあり、そこには多くのプレイヤーが降りるので、その分やられる確率が上がりますよね。
なので、激戦区降りだけは絶対に避けましょう。

まずはマップを見て建物が少ないところに降りるようにします。
建物が3・4軒ほどの場所があるので、そこを目掛けて降下し物資を漁ってください。

ただ、3・4軒ほどの建物では物資が集まらないこともあります。
その場合、近くで同じような場所を探し物資を漁ってください。
少し慣れてきたら激戦区を避けつつ、もう少し建物が多い街に降りると、ある程度揃います。

どっちにしても、とにかく最初は戦いを避けてください。
物資が揃ってない状態で戦うのは結構難しいです。
さらに、敵の部屋に武器があって自分の家に武器が無かったら終わりです。

そうならないためにも、人が降りなさそうな建物が少ない場所を選んでください。
もし敵を見つけた場合、相手が気付いてなければ全力で逃げてください。

左画像はErangel(エランゲル)というステージの一部です。
赤丸の場所が激戦区になりやすい場所になっています。

右画像は家が3・4軒ほどの場所です。
こういった場所が他にもたくさんあるので、降下前にマップを見て降りる場所を決めておきましょう。

ある程度物資を集めたら安全地帯を確認して、イモる

物資がある程度揃ったらまず「安全地帯」を確認してください。
安全地帯の外にいたら、早めに安全地帯内に移動しましょう。
もし直線移動で激戦区にぶつかるなら、遠回りして移動するのが良いです。

黄色の小さい丸が、自分の現在地です。
白い大きな丸が、現在の安全地帯範囲を表してます。
安全地帯外だと右画像のように、安全地帯までを点線で表してくれます。

移動中の注意点が1つあって、

レッドゾーン

この大きな赤丸は、「レッドゾーン」といって空爆されるポイントなのです。
このゾーンはランダムで場所が決められ、何度も空爆が来ます。このゾーンの中にいて、爆撃を食らうと即死なので要注意です。
もし中に入っているなら、すぐにゾーンの外に出るか、建物の中に避難してください。
建物の中なら家に爆弾が投下されても、プレイヤーは無傷なので大丈夫です。

移動したら敵が素通りしそうな家を見つけて、「イモって」ください。
※イモるとは、基本的に1つの場所から全く動かないで、こもっている事

ただ家の中でも1階のリビングみたいなところはダメです。
あと2階のリビングや階段の前とかも良くないです。

ダメな場所の例としていくつか挙げておきます。
2階リビングの部屋の角とかも、敵から見ちゃうので良くないです。

このタイプの家で良い待ちの場所は、2階の奥の部屋の入り口近くで、体を見せずに音もたてずにジッとしていれば、バレません。

2階奥

だいたいこの辺りにいれば自分の体は相手に見えず、自分は敵がどこまで来たか見えますよね。
もし敵が入ってきたら、敵が階段を上がってきた瞬間、もしくは少し近くまで来た瞬間に撃つ感じです。
全く敵が来ない事が一番ラッキーですが、来てしまった場合は対処するしかありません。

音を常に聞くようにする

」はバトロワではかなり重要です。

どの方角からの音なのか、どのくらいの距離なのかを判断できます。
ある程度慣れてくると、家の中で自分より上なのか下なのか、外からなのか建物の中なのか、というのも分かるようになってきます。

PUBGモバイルはマップに足音や車の音や銃声マークは出るのですが、しっかり耳で音を確認する癖をつけた方が良いです。

マップの音マークは距離の確認が分かりやすいです。色が濃ければ近く、薄ければ遠いです。

少し見づらいかもしれませんが、マップ上にそれぞれマークが出ています。
このマークだけでも方向や距離はある程度分かりますが、先ほども言ったように音で判断する癖をつけましょう。

とにかく「音」というのが重要なので、無音は論外ですが小さい音でやるのも命とりです。

ヘッドホンもしくはヘッドセットを利用してプレイするのがオススメです。
無い方はイヤホンでも良いと思います。
どれも無い方はスマホの音量を大にしてやるしかないですね。

ちなみに僕は「Astro A40 TR+MixAmp Pro」を利用しています。

遠距離攻撃は絶対にしない

理由は、単純に遠距離攻撃は難しいからです。
例えば、「弾落ち」や「偏差撃ち」などです。

弾落ちは、スコープの中心を頭部に合わせて撃ったとします。
でも弾が当たった部位は胸部だった、という感じで距離によっては弾が落ちてしまうんです。

偏差撃ちは、敵の移動方向の少し前を撃つ撃ち方です。
例えば、横方向に走っている敵に合わせて撃ったとします。でも敵は動いているので弾が到達した時、弾は敵の後ろを通り過ぎるだけになるんです。

敵が棒立ち状態で動かないなら狙いやすいですが、動いてる敵を遠くから撃つ時は、弾落ちや偏差撃ちなどを考えて狙わなければ弾は当たらないので、最初は難しいかなと思います。

ある程度エイムや射撃に慣れてきたらSR(スナイパーライフル)やAR(アサルトライフル)に4倍スコープや6倍スコープなどを付けて、遠距離射撃練習がてら狙ってみるのも良いと思います。
ただ、ARにスコープを付け連射すると、スコープの倍率が高いほどリコイルが激しくなるので注意です。

6倍スコープで覗いた時がこんな感じです。

右画像ですが、スコープ中心の右下辺りに敵がいるの分かりますか?
結構小さいですよね。

スコープを使用しても敵がかなり小さいのに、覗く前の状態もしくはスコープ無しで発見するのは、なかなか難しそうですよね。

この小さい敵が動いていて、それに撃ち当てるのって難易度が高いんですよ。
なので、ある程度慣れるまではARで近距離、もしくは中距離で戦う方が良いです。

終盤は安全地帯のギリギリの所を取り、むやみに攻撃はしない

終盤になると安全地帯がかなり小さくなっています。
そのど真ん中にいると四方八方狙われやすくなるので、できるだけ安全地帯ギリギリよりの所で 隠れているのがいいです。

その際、遮蔽物(岩や木や塀など)が目の前にある場所を選んで、しゃがむなり伏せるなりして隠れてください。
安全地帯によっては、隠れるものが何もない時もよくあるので、その場合は仕方ないですが、ある時は絶対に利用した方が良いです。

左画像のマップのように、山など高い場所がある時は、山上の方が有利になる事が多いので、そのポジションを先に取られたときは注意が必要です。
バトロワは高所の方が有利になる事が多いため、自分より高い場所はとくに注意が必要です。
できれば自分がその位置を取れると良いですが、今いるポジションによっては行くのが困難だったり、そもそも先に取られていたりとかもあるので、その場合は仕方ないです。

初めのうちは無理せずに行動して、まずは遮蔽物に隠れることを優先的に考え行動する方が良いです。

そして、基本的に自分から戦闘を仕掛けるのはやめた方が良いです。
発砲するということは、敵に自分の位置をバラしているようなものなので、小さい安全地帯での発砲はとくに慎重になった方が良いです。

また、敵同士撃ち合ってくれれば、敵の位置も分かるし敵の数も減ります。
敵が最後の一人になるまで戦わずに観戦し、戦況を把握していくと有利になります。

この画像のように最後の1人になるまで隠れていて、敵を発見したら撃つ感じです。
安全地帯から移動してきた敵や、別の場所に移動しようとしている敵など、敵が姿を見せてきた場合は、すかさず攻撃した方が良いです。
相手にこちらの位置がバレる前が有利なので、気づかれる前に倒しましょう。

ただ、すでに敵も安全地帯内に入っているなら、当然ですが敵も遮蔽物に隠れていたり、草むらに伏せていたりするので、見つけるのはなかなか難しいです。
その場合は、残り1人になる前の銃声音でだいたいで予測したり、伏せて移動しても音は出るので、その移動音をしっかり聞くなどして、なんとか見つけてください。

結論

ようは、できるだけ戦わずに逃げて隠れて、敵が最後の1人になった時に戦うということですね。

その最後の1人が10人倒していても、まだ1人も倒していないあなたが最後にその人を倒せば、あなたの勝ちです。
1キルでドン勝が理想ということですね。

でもこの戦い方は、始めたばかりの初心者用なので…

あくまでも、始めたばかりで戦いに慣れてない初心者がドン勝するためだけのやり方なので、全く戦わない非戦闘のドン勝方法です。

音の判断や銃の扱い方などバトロワの戦いにほんの少しでも慣れてきたら、この戦い方から脱した方が良いです。

やっぱりただイモってるだけだと、ゲームをしていてもつまらないし上達もしません。
敵を倒せると気持ちいいですし、たくさん敵を倒してドン勝できるとすごい楽しいです。

なので、戦いにほんの少しでも慣れてきたらエイム練習やリコイル制御練習も兼ねて、積極的に戦ってバトロワにどんどん慣れていった方が良いです。
そうしていると自分の実力も少しずつ上達します。いつまでもイモる戦いでは上達しないので、初めの何戦かだけこの戦い方でやって、できるだけ早めに戦いに出ましょう。

また、ソロ・デュオ(2人パーティー)・スクワッド(4人パーティー)の3種類で選べるので、どれが自分に合うかいろいろと試してみるのも楽しいですよ。

ただ、デュオやスクワッドは行動を仲間と一緒にした方が良いやり方なので、初めのうちはソロでやって、いろいろと試行錯誤した方が良いかなと思います。

何度も言いますが、これはあくまでも始めたばかりの初心者がドン勝するためだけの立ち回り方です。




タケノコ
タケノコ
なるほどー!!
たしかに敵と会わなければ勝てる確率は上がるよね!

 

うん、そうなんだ。
まぁでもそれは本当に最初のうちだけで、少しでも慣れたら負けても良いから
積極的にいっぱい戦うことが大事かな!
キノコ
キノコ

 

タケノコ
タケノコ
そうだよね!
やっぱり、いっぱいやって慣れないとだよね!
私もやってみるから、少し上達したら今度一緒にやろうね!
じゃっ、バイバイ!

 

うんうん、徐々に上達していこう!
今度デュオでやろうね!
それじゃまたねー!
キノコ
キノコ

 

最新情報をチェックしよう!