【アオラレ (映画)】ストレスが原因で起こる恐怖の煽り運転!クラクション恐るべし!

  • 2021年9月2日
  • 2021年9月30日
  • 洋画
タケノコ
タケノコ
ねぇキノコ君!
アオラレっていう映画見たことある?

 

あるよ!
あの映画見たらクラクションがすごく怖くなるよ!
キノコ
キノコ

 

タケノコ
タケノコ
え、そんなに!?
そんなに煽ってくる映画なの!?

 

煽りがメインの映画ではないよ!
ネタバレしないように、あらすじとか見た感想とか教えてあげるね!
キノコ
キノコ

 

 

近年、煽り運転のニュースを見かける事が増えてきました。

なぜ煽るのか?
煽り始めるきっかけが何かあるはずです。

例えば、スピードが遅くてイライラしたから、急いでいるから、無理やり割り込まれたから、追い越されたから、クラクションを鳴らされたから、などなど煽りを始める原因が何か必ずあるはずです。

だからと言って、煽る行為は絶対にしてはいけません。
当事者同士はもちろんの事、関係のない周りの人達にも危険が及びます。

ただ、無理な割り込みや追い越しなどは、そもそも危険なのでやってはいけませんが、ちょっとした事でクラクションをすぐ鳴らす行為は控えた方が良いかもしれません。

その理由は、この映画を見れば分かります。

小さないざこざが大きな事件にまで発展しかねません。

いろいろな事が原因で「ストレス」が多い現代社会ですが、運転には感情のコントロールがとても大事であると思わされる映画です。

\\ U-NEXTで見れるよ! //

おすすめ記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_shadow="true" name_color="#[…]

作品情報

タイトル アオラレ(原題:Unhinged)
公開日 日本:2021年5月28日
ジャンル スリラー
監督 デリック・ボルテ
上映時間 93分

キャスト

役名 俳優・女優
トム・クーパー(煽り運転手) ラッセル・クロウ
レイチェル・フリン(カイルの母親) カレン・ピストリアス
カイル・フリン(レイチェルの息子) ガブリエル・ベイトマン
フレッド(レイチェルの弟) オースティン・P・マッケンジー
メアリー(フレッドの彼女) ジュリエンヌ・ジョイナー
アンディ(レイチェルの離婚弁護士) ジミ・シンプソン

あらすじ

夫と離婚裁判中のレイチェル(美容師)は、息子のカイルと弟のフレッド、その恋人のメアリーと暮らしていました。

レイチェルは普段から寝坊する事が多く、今日もカイルを学校へ送る予定でしたが寝過ごしてします。
慌てて家を出て、かなり荒い運転で学校へ向かうも、途中で道が渋滞してしまいなかなか進みません。

そんな中、得意客から電話が来て、遅れる事が多いからと言われ縁を切られてしまいました。

朝からストレスを感じる事が多々あり、イライラしながら運転をしていた彼女は、赤信号で止まります。
しかし、信号が青に変わるも前の車は進まず、何度か「クラクション」を鳴らしてみましたが全く動きません。

そうしているうちに、信号が赤へ変わり始めたので追い超して進みました。

この信号待ちでの出来事をきっかけに、レイチェルに恐怖の物語が襲い掛かります。

\\ アオラレ公式サイト //

感想

原題がUnhinged(アンヒンジド)というタイトルで、意味は「精神的に不安定」・「錯乱」・「狂的な」などと言った意味です。
日本のタイトルとは意味が違います。

なので、煽り運転がメインの映画ではないです。

映画の全体的な内容は、ストレス社会の中で精神異常者となってしまった男の猟奇的な犯行を描いた作品になっています。
その一部に煽り運転が含まれていると言う感じです。

一方、レイチェルも様々なストレスを抱えていました。
離婚問題や仕事の問題、母親の介護などのストレスが積み重なり、つい感情的になってしまい、それが運転にも出てしまいます。

このように、お互いが過度なストレスを抱えた状態で、感情的になったレイチェルの「クラクション」が原因で始まる、猟奇的な殺人犯の映画です。

この映画は「ストレス」をテーマとしていますが、実際に現代社会でも大いに起こりうる話だと思います。
様々なストレスが多い現代社会では、イライラする事も多いでしょう。

そのストレスが積もった者同士がぶつかり合えば、小さな喧嘩では収まらず傷害や殺人にも発展してしまいます。
その一つに、煽り運転も含まれます。

実際に、クラクションや割り込み・追い越しが原因の煽り運転もあるはずです。

ただ、「クラクションの鳴らし方」にも注意が必要ですね。
車に乗っている相手の精神状態や性格は、分かりませんよね。

自分の命や家族を守るためにも、できるだけトラブルは避けたいものです。

まとめ

人間の「ストレス」は、時に恐ろしいものです。
ストレスがゼロになる事はあり得ませんが、やはりどこかで発散しなければ映画のようなモンスターが生まれてしまいます。

それと、感情のコントロールは非常に大切ですね。
もちろん、煽り運転をする人が一番悪いですが、映画のように感情的なクラクションが原因で恐ろしい状況に発展する可能性もあります。
相手の感情を煽らないようなクラクションの鳴らし方が大事かもしれません。

運転する時は、時間にも心にも余裕を持ち平静を保って運転しましょう。

また、どんなに理不尽なクラクションや割り込みなどをされたとしても、煽り運転は絶対にしてはいけません。
当事者同士はもちろんの事、関係のない周りの人達にまで危険を及ぼしてしまいます。

最近はドライブレコーダー(通称:ドラレコ)が普及しているので、煽り運転を含めた危険な運転が減ると良いですね。

\\ U-NEXTの登録はこちら //

おすすめ記事

[word_balloon id="3" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_shadow="true" name_color="#[…]

 

タケノコ
タケノコ
やっぱ車の運転って怖いね…
たしかに、相手の人がどんな人か分からないって怖いところあるよね!

 

そうなのさ!
だから、煽り運転する方が悪いんだけど、自分の身を守るためにもクラクションを含めて、運転の仕方には注意が必要だね!
キノコ
キノコ

 

タケノコ
タケノコ
そうだよね!
心に余裕を持って運転します!
じゃぁ、バイバーイ!

 

時間にも余裕が大切だね!
レイチェルめっちゃ急いでたからさ!!
それじゃっ、またねー!
キノコ
キノコ

 

最新情報をチェックしよう!